シャチブーム到来の予感がする鴨川シーワールドの4トップ


千葉県は房総半島の端っこ、外房にある水族館、ワンダーランド鴨川シーワールド。ロケーション抜群な太平洋をバックに繰り広げられる観客体験型スーパーアトラクションのシャチパフォーマンスショーは、日本で唯一ここだけ。夏はもちろん、春夏秋冬、冬でも、クリスマスでも、正月でも、お盆でも、お彼岸でも、大安でも、仏滅でも、雨でも、強風でも、50年に1度のゲリラ豪雨でも、雪でも、雹が降ろうが、寒かろうが、暑かろうが、災害や台風直撃以外は、ほぼほぼ毎日開催されていて皆様のお越しを4頭のシャチ(ラビー、ララ、ラン、ルーナ)が待っています。


食物連鎖の頂点に君臨し自然界で天敵は存在しない。

獰猛で貪欲な海のギャングというイメージが固定しているが、これは単に生きる為の殺生であり、シャチは心の優しい哺乳類で、捕食する以外の目的で生き物を殺すことはしない。



学名(Orcinus orca)はラテン語で冥界からの魔物を意味し(Orca)はクジラの一種です。
英名(Killer whale)は殺し屋を意味しますが、学問的分類ではイルカの仲間になります。

特徴的な高くそびえ立つ背ビレは雄で約1.8M、雌で約0.9Mにはなり、成体の雄の背ビレは三角形で前方に傾斜していることがあります。大きな卵形の胸ビレは成体の雄の場合、2Mにもなります。体色は下顎、尾ビレの下面、下顎の先端から尿生殖溝に至る腹側面は白く、又、白い斑紋が背ビレの後方部の体側部分へ伸び上がり、目の上後方にも白く丸い斑紋(アイパッチ)があります。

背ビレの後ろの鞍型斑と呼ばれる白っぽい灰色の部分以外は黒で、個体群により細い黒色のケイプを含む背中の黒い部分の下方に濃い灰色の部分があります。歯は湾曲で大きく、各歯列に12本あります。

定住型のシャチは数十頭の巨大なグループで沿岸部に定住し、主に魚やイカを食べる。
回遊型のシャチは2~6匹の集団で沿岸部と沖合で行動し、主にクジラなどのほ乳類を食べる。
沖合型のシャチは最大200頭ものグループで沿岸部から離れた場所に住み、魚の群れが主食。
これら3タイプのシャチは、1万年以上前からタイプ間での交配が全く行われていない事が確認されている。体色や模様別では5タイプに分類されています。

シャチはほ乳類の中で最も生息域が広く、冷たい海域に生息数が多いものの分布域は世界中のほぼ全ての海に生息が確認されている。日本近海にも少数が生息していて、北海道の根室海峡や知床半島、北方領土から和歌山県の沿岸部でしばしば目撃されることがあり、東京湾で目撃された例もあります。






最新動画はここから

2018年11月3日、秋、34戦目のシャチパフォーマンス


2018年11月3日、秋バージョンの34戦目、1時~、右側最前列デンジャラスゾーンから4Kで。今年127回目、トータル197回目のシャチパフォーマンスショーは、天気予報大外れの曇天一時雨のオーシャンスタジアム

雄大な太平洋を背景に繰り広げられる海の王者最強敵なし、シャチの驚愕スーパーアトラクション。好奇心が旺盛で性格が優しいシャチがトレーナーさんとふれあい、オースタ観客2000人+立ち見フルボッコ必至。大迫力のジャンプ&ブッかけ&ダイナミックなパフォーマンスショーを開催していますwww




チャンネル登録+最新動画はここから



日本でシャチが見られるのは、鴨川シーワールドと名古屋港水族館だけです。この他、南知多ビーチランドのイワシとスナメリの幻想的な水中ショー、下田海中水族館はイルカと泳げる、ぎょぎょランドは豊川の生息の魚の展示、マクセルアクアパーク品川は輝きに包まれる星空の海へ、なかがわ水遊園のドリームジャングルナイト、水族博物館うみがたりのART OF DOLPHIN、万博公園のニフレル、横浜八景島シーパラダイスのジンベイザメ、サンシャイン水族館のケープペンギン、世界最大級の海遊館、かつうら海中公園の海中展望、ラブカ研究の東海大学海洋博物館、ワンコ入場OKの伊豆三津シーパラダイス、碧南海浜水族館の謎だらけのコウモリ展、黒潮の海の和歌山県立自然博物館、鳥羽水族館は伊勢志摩の海、瀬戸内海の海洋博物の渋川マリン水族館、東京スカイツリーにあるすみだ水族館、しながわ水族館のイルカショー、お一人様ナイトの仙台うみの杜水族館、新屋島水族館のマナティー、京急油壷マリンパークのコツメカワウソ、35周年の青森県営浅虫水族館、世界で最も美しい九十九島水族館海きらら、パンダのいるアドベンチャーワールド、ファンタジックな出会いの志摩マリンランド、貸し切りも出来る神戸市立須磨海浜水族館、クラゲファンタジーの新江ノ島水族館、串本海中公園のステラマリス、アニマルオールスターズのマリンワールド海の中道、登別マリンパーク二クスのイワシパフォーマンス、動物達と仲良くなる大分マリーンパレス水族館うみたまご、進化し続ける城崎マリンワールド、マグロが回遊する東京都葛西臨海水族館、蒲郡市竹島水族館の愉快なアシカショー、冷凍シーラカンスのある沼津港深海水族館シーラカンスミュージアム、イルカと触れ合えるわくわく海中水族館シードーナッツ、なまはげシャトルの男鹿水族館GAO、サメの飼育数全国ナンバーワンのアクアワールド茨城県大洗水族館、淡水魚の虹の森公園おさかな館、劇場型イルカパフォーマンスショーの京都水族館、荒川の魚がいるさいたま水族館、人と地球の未来を考える環境水族館アクアマリンふくしま、東南アジアのグリーンドームねったいかん、カエル展示日本一のあわしまマリンパーク、バイカルアザラシの箱根園水族館、ペンギンお散歩の越前松島水族館、四国最大の足摺海洋館、トドのショーの市立室蘭水族館、福島の湖沼アクアマリンいなわしろカワセミ水族館、伊勢夫婦岩ふれあい水族館シーパラダイスのめおとカワウソ、新潟市水族館マリンピア日本海のラッコ、横浜中華街にあるヨコハマおもしろ水族館、淡水魚専門の山梨県立富士湧水の里水族館、中海の島根県立宍道湖自然館ゴビウス、フンボルトペンギンの長崎ペンギン水族館、アカメのいる桂浜水族館、海響館のフグ、コバンザメの寺泊水族博物館、金魚の大水槽がある足立区生物園、しまね海洋館アクセスのシロイルカ、電気ウナギのサンピアザ水族館、エビとカニの水族館のカブトガニ、日和佐うみがめ博物館カレッタの海亀、四万十川水系の魚の四万十川学遊館あきついお、すみえファミリー水族館のカエルアンコウ、サケのふるさと千歳水族館のサケタッチ、のとじま水族館のジンベエザメ、宮島水族館のドクターフィッシュ、おたる水族館のトドの豪快ダイブ、ジャイアントマンタの沖縄美ら海水族館、富山湾の深海魚の魚津水族館、ノシャップ寒流水族館のアザラシショー、霞ヶ浦水系のかすみがうら市水族館、琵琶湖の魚展示の滋賀県立琵琶湖博物館、金魚のふるさと郡山金魚資料館、井の頭自然文化園水生物館のヤマメ、姫路市立水族館のマダコ、大型回遊魚の京都大学白浜水族館、諫早ゆうゆうランド干拓の里むつごろう水族館のムツゴロウ、大地町立くじらの博物館のクジラショー、山方淡水魚館のオオサンショウウオ、かごしま水族館のピラルクー、高千穂峡淡水魚水族館のドンコ、世界一のクラゲ水槽の鶴岡市立加茂水族館、なぎさ水族館のタッチングプール、道の駅やよい番匠おさかな館のスマトラ、北の大地の水族館のイトウ、オオチョウザメが」いる美深町チョウザメ館等の水族館施設では、シャチの飼育展示は行っていません。

シャチは体色や模様別では5タイプに分類されています


特徴的な高くそびえ立つ背ビレは雄で約1.8M、雌で約0.9Mになり、成体の雄の背ビレは三角形で前方に傾斜していることがあります。大きな卵形の胸ビレは成体の雄の場合、2Mにもなります。体色は下顎、尾ビレの下面、下顎の先端から尿生殖溝に至る腹側面は白く、白い斑紋が背ビレの後方部の体側部分へ伸び上がり、目の上後方にも白く丸い斑紋(アイパッチ)があります。背ビレの後ろの鞍型斑と呼ばれる白っぽい灰色の部分以外は黒で、個体群により細い黒色のケイプを含む背中の黒い部分の下方に濃い灰色の部分があります。歯は湾曲で大きく、各歯列に12本あります。

大体の個体が冷水域を好むが、熱帯域で見られることもある。食性はアザラシ、トド、クジラ、オタリア、ペンギン、イルカ、ラッコ、魚類、タコ、海鳥等。集団により違いがあり魚を捕食する個体や、主にほ乳類を捕食するなどの違いがある。群れで行動し自分たちより大きなクジラを襲うこともある。

シャチは獰猛でもあるが、人間には懐きやすく訓練すれば適応も高い。

シャチは嗅覚がない代わりに聴力と視力がとても良く特に聴力に関してはこの秀でた聴力を使って、エコロケーション(反響定位)という方法で周囲の状況を確かめる事ができます。
エコロケーションは自分の発声した音がぶつかって戻ってきたところを耳でとらえ方向や物の位置や状態を知る方法です。このエコロケーションによって、数100キロ離れた仲間ともコミュニケーションが出来ると言われています。高度なコミュニケーション方法を持っているシャチは海洋生物の中でもトップを争うほどの知能を持っています。

定住型のシャチは数十頭の巨大なグループで沿岸部に定住し、主に魚やイカを食べる。
回遊型のシャチは2~6匹の集団で沿岸部と沖合で行動し、主にクジラなどのほ乳類を食べる。
沖合型のシャチは最大200頭ものグループで沿岸部から離れた場所に住み、魚の群れが主食。
これら3タイプのシャチは、1万年以上前からタイプ間での交配が全く行われていない事が確認されている。
体色や模様別では5タイプに分類されています。

シャチはほ乳類の中で最も生息域が広く、冷たい海域に生息数が多いものの分布域は世界中のほぼ全ての海に生息が確認されている。日本近海にも少数が生息していて、北海道の根室海峡や知床半島、北方領土から和歌山県の沿岸部でしばしば目撃されることがあり、東京湾で目撃された例もあります。

シャチは哺乳類なので人間と同じで肺呼吸をしていて、定期的に水面に出て呼吸をする必要があります。呼吸ができない海中で、人間のように何時間もまとまった睡眠を取る事ができません。
そこで、シャチは特殊な半球睡眠という方法で寝るとされています。半球睡眠とは左右の大脳半球を交互に眠らせる事で、起きているもう片方の半球で活動を続けながら睡眠を取るというものです。右半球が眠っている時は左半球が目覚め、左半球が眠っているときは右半球が目覚めるというように、脳が半分ずつ交互に眠っているという特殊な機能です。シャチだけでなくイルカやオットセイなどの海獣や長距離を移動する渡り鳥等がこの方法で睡眠をとるといわれています。陸上生物よりも長く息を止めていられシャチですが、定期的に水面に出て息継ぎをする必要があります。この時に使うのは頭についている鼻=呼吸孔です。イルカやクジラ同様「プシューーー!」と吹き出すアレです。


現在、日本では7頭のシャチが飼育されています。
 

<゜)))彡.。o○ 鴨川シーワールドのシャチ
ラビー♀ 1998年1月11日生まれ(父ビンゴ 母ステラ)
ララ♀  2001年2月8日生まれ(父ビンゴ 母ステラ)
ラン♀  2006年2月25日生まれ(父ビンゴ 母ステラ)
ルーナ♀ 2012年7月19日生まれ(父オスカー 母ラビー)


<゜)))彡.。o○ 名古屋港水族館のシャチ
ステラ♀ 1985年 アイスランドで採捕
リン♀  2012年11月13日生まれ(父ビンゴ 母ステラ)
アース♂ 2008年10月13日生まれ(父オスカー 母ラビー)






チャンネル登録+最新動画はここから

シャチの学名(Orcinus orca)はラテン語で冥界からの魔物


シャチ クジラ目 マイルカ科 和名 鯱 シャチ オルカ (別名 逆叉 サカマタ)
英名 Killer Whale・Orca 学名 Orcinus orca 生息域 世界中の海
体長 オス最大9.8M 体重6t メス最大8.5M 体重5t 
寿命 オス60年 メス80年
学名(Orcinus orca)はラテン語で冥界からの魔物。

シャチの特徴は、上側は黒く腹面は白色で、両目の上方に白い模様(アイパッチ)があります。背びれの根元には模様があり、水中ではカムフラージュ効果があるとされ、各個体の模様はそれぞれ異なるため、背びれの形状とともに個体識別に役立ちます。頭部は円錐形で特にオスの背びれは大きく2Mにも達し、肉食動物で、獲物を飲み込みやすい大きさに引き裂くために鋭利な歯を持ち合わせます。

一般的にシャチは冷水域を好みますが、世界中の海域に生息し、クジラ目としては珍しく地中海やアラビア海にも生息すします。捕食対象なる魚類や動物が多いことなどから、特に極地付近の沿岸に多く住み、地球上で最も広く分布する哺乳類の一種です。1日に100kmも移動することも報告されていて、日本では北海道の根室海峡から北方四島に多く、その他、和歌山県太地町にて度々目撃されていて、稀に東京湾での目撃例もあります。

シャチは大変活発な生き物で、ブリーチング(海面へ自らの体を打ちつけるジャンプ)やスパイホッピング(頭部を水面に出し辺りを見渡す行動)などの行動が観察されています。

体重5トンもあるシャチの泳ぐ最高速度は時速80キロに達し、哺乳類の中では水中を最も速く泳ぐことができます。クジラ同様、二種類の音を使い分け、一つはコールと呼ばれ、仲間のコミュニケーションに使用され、 もう一つはクリック音と呼ばれ、噴気孔の奥にある溝からメロンと呼ばれる脂肪で凝縮して音波をだします。この音波は物質に当たるまで水中を進み、その還ってきた反響音を下あごの骨から感じて、前方に何があるか判断することが出来るといわれています。この能力をエコーロケーション(反響定位)と呼び、このクリック音の性能は非常に優秀で、わずか数mmしか離れていない二本の糸を認識したり、反響音の波形の違いから物質の成分やは内容物まで認識することが可能だといわれています。

オスの平均寿命は30歳、最高寿命は約50歳前後、メスの平均寿命は50歳、最高寿命は80歳だと報告されています。

食性は肉食性で海洋における食物連鎖の頂点に君臨し、武器を使う人間を除けば自然界での天敵は存在しません。
逆にいえば、武器を使わないアルティメットでは地球上最強の生き物なのです。 数種類の生物を捕食することから獰猛で貪欲な捕食者、海のギャングとして恐れられていますが、知能が高く、捕食する以外の目的で生き物を殺すことはなく、すなわち、必要のないものをむやみに襲うことはしないのです。アザラシを捕食する際も子供に狩りを教えるために必要以上にもてあそぶ時があると報告されています。魚・イカ・海鳥・ペンギン、比較的大きなものではアザラシ・オタリア・イルカ・ホッキョクグマ、クジラやサメなど、捕食する獲物は多岐に渡り、それぞれの生息エリアで最も捕食しやすい動物を餌にするといわれています。

社会性があるシャチは群れで協力し、流氷の下からの奇襲や挟撃など、まさしく最強のスナイパーです。又、クリック音(音波)を捕食対象に当てて麻痺させ、捕食しやすくする行動も知られています。 浜辺にいるアシカなどに対して、そこへ這い上がって来て捕食する事例も目撃されています。

大型のクジラを襲う場合は、2頭でタッグを組み1頭がクジラの頭上で海面での呼吸を妨げ、もう1頭はクジラの下側から潜水を妨げ、挟み撃ちにして窒息させるなどの行動が観察されています。好物はクジラの舌で、他の多くの部分は食せずに放置されます。すなわち美味しいところしか喰わないグルメなんです。

攻撃力のポテンシャルも非常に高く、自分よりも遥かに大きいシロナガスクジラなどを襲ったり、獰猛なホホジロザメすら威圧し、シャチの前では敵になりません。「海の殺し屋」などと呼ばれることもありますが、同種間での攻撃的な行動はないとされています。 又、人を襲うことはごく稀で、捕食の対象として人間を襲う事はなく、人間が襲われるのはアザラシと勘違いしているものと言われています。

単体か、または数頭から数十頭ほどの群れ(ポッド)を形成し、社会的な生活を構成します。
シャチは3タイプに分類され、レジデント(定住型)、トランジエント(回遊型)、オフショア(沖合い型)の個体群があります。

レジデント(定住型)は主に魚を餌とし、母系社会で母親を中心に十数頭の家族で形成して生活します。これらのシャチは、特定の海域に定住し餌を追うことから定住型と呼ばれます。
トランジエント(回遊型)のシャチは小さな群れまたは単独で行動し、決まった行動区域を持たず、餌も海に住む哺乳類に限られます。
オフショア(沖合い型)のシャチは沖合いに生息し、何十頭もの巨大な群れを形成します。3タイプの中で最もデータが少なく、捕食対象についてもほとんど分かっていない部分があり、傷が多かったり、歯がすり減ったりしているという特徴がある事から、サメなどの獲物を捕食していると考えられています。

多くの群れは、母親を中心とした血縁のある家族で構成され、オスは通常一生を同じ群れで過ごし、メスも自身の群れを新しく形成するものの、生まれた群れから離れることは少なく家族の繋がりが強く、それぞれの群れは、その家族独自のコールを持ち、それによりコミュニケーションをとります。コールは親から子へ、受け継がれていくといわれて、シャチの繁殖は胎生で、水中で仔を生み育てます。

睡眠も特殊な半球睡眠という方法で寝ます。これは半分の脳が眠る事ができるイルカと同様の睡眠方法です。又、ある特定のエリアでは、多数の家族が100頭以上の群れを形成する「スーパーポッド」という行動もとり、生まれたばかりの子供に対する、気配りとも取れる行動は多く観察されています。母親が捕食に専念している間、他のメスが子供の面倒を見るベビーシッター的な行動や、自身のとった獲物を若い個体に譲ったり、狩りの練習をさせるため、わざと獲物を放ったりすることも知られています。 一般に生まれたばかりの若い個体のいる群れは、移動速度が遅く潜水時間も短く、イルカなどと共通したた習性を持っています。






チャンネル登録+最新動画はここから




日本でシャチが見られるのは、鴨川シーワールドと名古屋港水族館だけです。この他、南知多ビーチランドのイワシとスナメリの幻想的な水中ショー、下田海中水族館はイルカと泳げる、ぎょぎょランドは豊川の生息の魚の展示、マクセルアクアパーク品川は輝きに包まれる星空の海へ、なかがわ水遊園のドリームジャングルナイト、水族博物館うみがたりのART OF DOLPHIN、万博公園のニフレル、横浜八景島シーパラダイスのジンベイザメ、サンシャイン水族館のケープペンギン、世界最大級の海遊館、かつうら海中公園の海中展望、ラブカ研究の東海大学海洋博物館、ワンコ入場OKの伊豆三津シーパラダイス、碧南海浜水族館の謎だらけのコウモリ展、黒潮の海の和歌山県立自然博物館、鳥羽水族館は伊勢志摩の海、瀬戸内海の海洋博物の渋川マリン水族館、東京スカイツリーにあるすみだ水族館、しながわ水族館のイルカショー、お一人様ナイトの仙台うみの杜水族館、新屋島水族館のマナティー、京急油壷マリンパークのコツメカワウソ、35周年の青森県営浅虫水族館、世界で最も美しい九十九島水族館海きらら、パンダのいるアドベンチャーワールド、ファンタジックな出会いの志摩マリンランド、貸し切りも出来る神戸市立須磨海浜水族館、クラゲファンタジーの新江ノ島水族館、串本海中公園のステラマリス、アニマルオールスターズのマリンワールド海の中道、登別マリンパーク二クスのイワシパフォーマンス、動物達と仲良くなる大分マリーンパレス水族館うみたまご、進化し続ける城崎マリンワールド、マグロが回遊する東京都葛西臨海水族館、蒲郡市竹島水族館の愉快なアシカショー、冷凍シーラカンスのある沼津港深海水族館シーラカンスミュージアム、イルカと触れ合えるわくわく海中水族館シードーナッツ、なまはげシャトルの男鹿水族館GAO、サメの飼育数全国ナンバーワンのアクアワールド茨城県大洗水族館、淡水魚の虹の森公園おさかな館、劇場型イルカパフォーマンスショーの京都水族館、荒川の魚がいるさいたま水族館、人と地球の未来を考える環境水族館アクアマリンふくしま、東南アジアのグリーンドームねったいかん、カエル展示日本一のあわしまマリンパーク、バイカルアザラシの箱根園水族館、ペンギンお散歩の越前松島水族館、四国最大の足摺海洋館、トドのショーの市立室蘭水族館、福島の湖沼アクアマリンいなわしろカワセミ水族館、伊勢夫婦岩ふれあい水族館シーパラダイスのめおとカワウソ、新潟市水族館マリンピア日本海のラッコ、横浜中華街にあるヨコハマおもしろ水族館、淡水魚専門の山梨県立富士湧水の里水族館、中海の島根県立宍道湖自然館ゴビウス、フンボルトペンギンの長崎ペンギン水族館、アカメのいる桂浜水族館、海響館のフグ、コバンザメの寺泊水族博物館、金魚の大水槽がある足立区生物園、しまね海洋館アクセスのシロイルカ、電気ウナギのサンピアザ水族館、エビとカニの水族館のカブトガニ、日和佐うみがめ博物館カレッタの海亀、四万十川水系の魚の四万十川学遊館あきついお、すみえファミリー水族館のカエルアンコウ、サケのふるさと千歳水族館のサケタッチ、のとじま水族館のジンベエザメ、宮島水族館のドクターフィッシュ、おたる水族館のトドの豪快ダイブ、ジャイアントマンタの沖縄美ら海水族館、富山湾の深海魚の魚津水族館、ノシャップ寒流水族館のアザラシショー、霞ヶ浦水系のかすみがうら市水族館、琵琶湖の魚展示の滋賀県立琵琶湖博物館、金魚のふるさと郡山金魚資料館、井の頭自然文化園水生物館のヤマメ、姫路市立水族館のマダコ、大型回遊魚の京都大学白浜水族館、諫早ゆうゆうランド干拓の里むつごろう水族館のムツゴロウ、大地町立くじらの博物館のクジラショー、山方淡水魚館のオオサンショウウオ、かごしま水族館のピラルクー、高千穂峡淡水魚水族館のドンコ、世界一のクラゲ水槽の鶴岡市立加茂水族館、なぎさ水族館のタッチングプール、道の駅やよい番匠おさかな館のスマトラ、北の大地の水族館のイトウ、オオチョウザメが」いる美深町チョウザメ館等の水族館施設では、シャチの飼育展示は行っていません。

シャチは2種類の音波を使い分けて仲間とコンタクトをとる


千葉県房総半島の端っこ、外房にあるテーマパークのワンダーランド・鴨川シーワールド。ロケーション抜群な太平洋をバックに繰り広げられる観客体験型スーパーアトラクション・シャチパフォーマンスショーは、日本で唯一ここだけ、夏はもちろん、春夏秋冬、冬でも、クリスマスでも、正月でも、雨でも、強風でも、50年に1度のゲリラ豪雨でも、雪でも、雹が降ろうが、台風直撃以外は、ほぼほぼ毎日開催されています。

食物連鎖の頂点に君臨し自然界で天敵は存在しない。

獰猛で貪欲な海のギャングというイメージが固定しているが、これは単に生きる為の捕食であり、シャチは心の優しい哺乳類で、捕食する以外の目的で生き物を殺すことはしない。

特徴的な高くそびえ立つ背ビレは雄で約1.8M、雌で約0.9Mにはなり、成体の雄の背ビレは三角形で前方に傾斜していることがあります。大きな卵形の胸ビレは成体の雄の場合、2Mにもなります。体色は下顎、尾ビレの下面、下顎の先端から尿生殖溝に至る腹側面は白く、又、白い斑紋が背ビレの後方部の体側部分へ伸び上がり、目の上後方にも白く丸い斑紋(アイパッチ)があります。背ビレの後ろの鞍型斑と呼ばれる白っぽい灰色の部分以外は黒で、個体群により細い黒色のケイプを含む背中の黒い部分の下方に濃い灰色の部分があります。

シャチはほ乳類の中で最も生息域が広く、冷たい海域に生息数が多いものの分布域は世界中のほぼ全ての海に生息が確認されている。日本近海にも少数が生息していて、北海道の根室海峡や知床半島、北方領土から和歌山県の沿岸部でしばしば目撃されることがあり、東京湾で目撃された例もあります。

シャチは2種類の音(音波)を使い分けていることが知られていて、1つはコールと呼ばれ、群れのメンバー同士のコミュニケーションに使用するとされる。もう1つはクリック音と呼ばれ、噴気孔の奥にある溝から、メロンと呼ばれる脂肪で凝縮して発射する音波である事がわかっている。
この音波は物質に当たるまで水中を移動するため、シャチはその反響音を下あごの骨から感じ取ることで、前方に何があるか判断することができる。この能力をエコーロケーション(反響定位)と呼び、クリック音の性能は高く、わずかしか離れていない物体を認識したり、反響音の波形の違いから物質の成分、果ては内容物まで認識することが可能だという。
このエコロケーションによって、数100キロ離れた仲間ともコミュニケーションが出来ると言われていて、高度なコミュニケーション方法を持っているシャチは海洋生物の中でもトップを争うほどの知能を持っています。





チャンネル登録+最新動画はここから

シャチの繁殖は胎生で、水中で仔を生み育てます


2018年11月3日、秋バージョンの32戦目、10時~、センターフロントローデンジャラスゾーンから4Kで。今年125回目、トータル195回目のシャチパフォーマンスショー

攻撃力だけしかなく攻められれば弱いサメとは違い、攻守共に非常に高い能力も兼ね備えていて、知能や索的能力も含めて全般的にポテンシャルが高く、まさしく地球上最強といっても過言ではない。

獰猛なホオジロサメでさえVSシャチとでは、歯がたたないのである。又、知能は大変高く集団で狩りをすることもある。鯨類は全般的に視力が良くないが、シャチは鋭い視力を持ち、 泳ぎも速く最高速度は80kmにも達する。

一般的にシャチは冷水域を好みますが、世界中の海域に生息し、クジラ目としては珍しく地中海やアラビア海にも生息すします。捕食対象なる魚類や動物が多いことなどから、特に極地付近の沿岸に多く住み、地球上で最も広く分布する哺乳類の一種です。1日に100kmも移動することも報告されていて、日本では北海道の根室海峡から北方四島に多く、その他、和歌山県太地町にて度々目撃されていて、稀に東京湾での目撃例もあります。

多くの群れは、母親を中心とした血縁のある家族で構成され、オスは通常一生を同じ群れで過ごし、メスも自身の群れを新しく形成するものの、生まれた群れから離れることは少なく家族の繋がりが強く、それぞれの群れは、その家族独自のコールを持ち、それによりコミュニケーションをとります。
コールは親から子へ、受け継がれていくといわれて、シャチの繁殖は胎生で、水中で仔を生み育てます。睡眠も特殊な半球睡眠という方法で寝ます。これは半分の脳が眠る事ができるイルカと同様の睡眠方法です。

又、ある特定のエリアでは、多数の家族が100頭以上の群れを形成する「スーパーポッド」という行動もとり、生まれたばかりの子供に対する、気配りとも取れる行動は多く観察されています。母親が捕食に専念している間、他のメスが子供の面倒を見るベビーシッター的な行動や、
自身のとった獲物を若い個体に譲ったり、狩りの練習をさせるため、わざと獲物を放ったりすることも知られています。 一般に生まれたばかりの若い個体のいる群れは、移動速度が遅く潜水時間も短く、イルカなどと共通したた習性を持っています。

現在、鴨川シーワールドでは4頭のシャチが日々精進し、皆さんのお越しを今か今かと待っています。この4頭のシャチは全員女子の家族。ラビー、ララ、ランの3姉妹とラビーの娘のルーナの4頭すべてがワンダーウーマンで、簡単な見分けは個体差ならパっと見、大きいい順にラビー、次いでララ、この2トップが大きいので比較的わかります。次にラン、一番小さい子がルーナです。ラビーとララは体系は殆ど同じなので、泳いでいるとわかりずらいかも。よーく観察するとアイパッチとか白黒の模様とか、ホクロの位置だとかの違いでわかります。


<゜)))彡 鴨川シーワールドの4頭のシャチは全員女子の家族

ラビー♀ 1998年1月11日生まれの長女+ルーナの母親(父ビンゴ 母ステラ)
ララ♀  2001年2月8日生まれの次女(父ビンゴ 母ステラ)
ラン♀  2006年2月25日生まれの三女(父ビンゴ 母ステラ)
ルーナ♀ 2012年7月19日生まれの母親はラビー(父オスカー 母ラビー)





チャンネル登録+最新動画はここから


日本でシャチが見られるのは、鴨川シーワールドと名古屋港水族館だけです。この他、南知多ビーチランドのイワシとスナメリの幻想的な水中ショー、下田海中水族館はイルカと泳げる、ぎょぎょランドは豊川の生息の魚の展示、マクセルアクアパーク品川は輝きに包まれる星空の海へ、なかがわ水遊園のドリームジャングルナイト、水族博物館うみがたりのART OF DOLPHIN、万博公園のニフレル、横浜八景島シーパラダイスのジンベイザメ、サンシャイン水族館のケープペンギン、世界最大級の海遊館、かつうら海中公園の海中展望、ラブカ研究の東海大学海洋博物館、ワンコ入場OKの伊豆三津シーパラダイス、碧南海浜水族館の謎だらけのコウモリ展、黒潮の海の和歌山県立自然博物館、鳥羽水族館は伊勢志摩の海、瀬戸内海の海洋博物の渋川マリン水族館、東京スカイツリーにあるすみだ水族館、しながわ水族館のイルカショー、お一人様ナイトの仙台うみの杜水族館、新屋島水族館のマナティー、京急油壷マリンパークのコツメカワウソ、35周年の青森県営浅虫水族館、世界で最も美しい九十九島水族館海きらら、パンダのいるアドベンチャーワールド、ファンタジックな出会いの志摩マリンランド、貸し切りも出来る神戸市立須磨海浜水族館、クラゲファンタジーの新江ノ島水族館、串本海中公園のステラマリス、アニマルオールスターズのマリンワールド海の中道、登別マリンパーク二クスのイワシパフォーマンス、動物達と仲良くなる大分マリーンパレス水族館うみたまご、進化し続ける城崎マリンワールド、マグロが回遊する東京都葛西臨海水族館、蒲郡市竹島水族館の愉快なアシカショー、冷凍シーラカンスのある沼津港深海水族館シーラカンスミュージアム、イルカと触れ合えるわくわく海中水族館シードーナッツ、なまはげシャトルの男鹿水族館GAO、サメの飼育数全国ナンバーワンのアクアワールド茨城県大洗水族館、淡水魚の虹の森公園おさかな館、劇場型イルカパフォーマンスショーの京都水族館、荒川の魚がいるさいたま水族館、人と地球の未来を考える環境水族館アクアマリンふくしま、東南アジアのグリーンドームねったいかん、カエル展示日本一のあわしまマリンパーク、バイカルアザラシの箱根園水族館、ペンギンお散歩の越前松島水族館、四国最大の足摺海洋館、トドのショーの市立室蘭水族館、福島の湖沼アクアマリンいなわしろカワセミ水族館、伊勢夫婦岩ふれあい水族館シーパラダイスのめおとカワウソ、新潟市水族館マリンピア日本海のラッコ、横浜中華街にあるヨコハマおもしろ水族館、淡水魚専門の山梨県立富士湧水の里水族館、中海の島根県立宍道湖自然館ゴビウス、フンボルトペンギンの長崎ペンギン水族館、アカメのいる桂浜水族館、海響館のフグ、コバンザメの寺泊水族博物館、金魚の大水槽がある足立区生物園、しまね海洋館アクセスのシロイルカ、電気ウナギのサンピアザ水族館、エビとカニの水族館のカブトガニ、日和佐うみがめ博物館カレッタの海亀、四万十川水系の魚の四万十川学遊館あきついお、すみえファミリー水族館のカエルアンコウ、サケのふるさと千歳水族館のサケタッチ、のとじま水族館のジンベエザメ、宮島水族館のドクターフィッシュ、おたる水族館のトドの豪快ダイブ、ジャイアントマンタの沖縄美ら海水族館、富山湾の深海魚の魚津水族館、ノシャップ寒流水族館のアザラシショー、霞ヶ浦水系のかすみがうら市水族館、琵琶湖の魚展示の滋賀県立琵琶湖博物館、金魚のふるさと郡山金魚資料館、井の頭自然文化園水生物館のヤマメ、姫路市立水族館のマダコ、大型回遊魚の京都大学白浜水族館、諫早ゆうゆうランド干拓の里むつごろう水族館のムツゴロウ、大地町立くじらの博物館のクジラショー、山方淡水魚館のオオサンショウウオ、かごしま水族館のピラルクー、高千穂峡淡水魚水族館のドンコ、世界一のクラゲ水槽の鶴岡市立加茂水族館、なぎさ水族館のタッチングプール、道の駅やよい番匠おさかな館のスマトラ、北の大地の水族館のイトウ、オオチョウザメがいる美深町チョウザメ館等の水族館施設では、シャチの飼育展示は行っていません。

水難の相が出てる鴨シーのシャチのいるオーシャンスタジアム


雄大な太平洋を背景に繰り広げられる海の王者シャチのスーパーアトラクション!

食物連鎖の頂点に君臨し自然界で天敵は存在しない、獰猛で貪欲な海のギャングというイメージが固定しているが、これは単に生きる為の捕食であり、シャチは心の優しい哺乳類で、捕食する以外の目的で生き物を殺すことはしない。


特徴的な高くそびえ立つ背ビレは雄で約1.8M、雌で約0.9Mにはなり、成体の雄の背ビレは三角形で前方に傾斜していることがあります。
大きな卵形の胸ビレは成体の雄の場合、2Mにもなります。
体色は下顎、尾ビレの下面、下顎の先端から尿生殖溝に至る腹側面は白く、又、白い斑紋が背ビレの後方部の体側部分へ伸び上がり、目の上後方にも白く丸い斑紋(アイパッチ)があります。
背ビレの後ろの鞍型斑と呼ばれる白っぽい灰色の部分以外は黒で、個体群により細い黒色のケイプを含む背中の黒い部分の下方に濃い灰色の部分があります。歯は湾曲で大きく、各歯列に12本あります。

シャチはほ乳類の中で最も生息域が広く、冷たい海域に生息数が多いものの分布域は世界中のほぼ全ての海に生息が確認されている。日本近海にも少数が生息していて、北海道の根室海峡や知床半島、北方領土から和歌山県の沿岸部でしばしば目撃されることがあり、東京湾で目撃された例もあります。

定住型のシャチは数十頭の巨大なグループで沿岸部に定住し、主に魚やイカを捕食し、回遊型のシャチは2~6匹の集団で沿岸部と沖合で行動し、主にクジラなどのほ乳類を捕食する。沖合型のシャチは最大200頭ものグループで沿岸部から離れた場所に住み、魚の群れが主食。これら3タイプのシャチは、1万年以上前からタイプ間での交配が全く行われていない事が確認されている。体色や模様別では5タイプに分類されています。

シャチは嗅覚がない代わりに聴力と視力がとても良く特に聴力に関してはこの秀でた聴力を使って、エコロケーション(反響定位)という方法で周囲の状況を確かめる事ができます。エコロケーションは自分の発声した音がぶつかって戻ってきたところを、耳でとらえ方向や物の位置や状態を知る方法です。このエコロケーションによって、数100キロ離れた仲間ともコミュニケーションが出来ると言われています。高度なコミュニケーション方法を持っているシャチは海洋生物の中でもトップを争うほどの知能を持っています。

シャチは哺乳類なので人間と同じで肺呼吸をしていて、定期的に水面に出て呼吸をする必要があります。呼吸ができない海中で、人間のように何時間もまとまった睡眠を取る事ができません。そこで、シャチは特殊な半球睡眠という方法で寝るとされています。半球睡眠とは左右の大脳半球を交互に眠らせる事で、起きているもう片方の半球で活動を続けながら睡眠を取るというものです。右半球が眠っている時は左半球が目覚め、左半球が眠っているときは右半球が目覚めるというように、脳が半分ずつ交互に眠っているという特殊な機能です。シャチだけでなくイルカやオットセイなどの海獣や長距離を移動する渡り鳥等がこの方法で睡眠をとるといわれています。陸上生物よりも長く息を止めていられシャチですが、定期的に水面に出て息継ぎをする必要があります。この時に使うのは頭についている鼻=呼吸孔です。イルカやクジラ同様「プシューーー!」と吹き出すTV等でご覧になった事があるアレです。

現在、鴨川シーワールドでは4頭のシャチが日々精進し、皆さんのお越しを今か今かと待っています。この4頭のシャチは全員女子の家族。ラビー、ララ、ランの3姉妹とラビーの娘のルーナの4頭すべてがワンダーウーマンで、簡単な見分けは個体差ならパっと見、大きいい順にラビー、次いでララ、この2トップが大きいので比較的わかります。
次にラン、一番小さい子がルーナです。ラビーとララは体系は殆ど同じなので、泳いでいるとわかりずらいかも。よーく観察するとアイパッチとか白黒の模様とか、ホクロの位置だとかの違いでわかります。

一度体感すればあなたも絶対にはまる事間違いなし!

2018年11月4日現在で201回・現在進行中)のシャチパフォーマンスショーを見た管理人が推す、もはや水族館のレベルを凌駕するスーパーアトラクションエンターテイメントシャチパフォーマンスショーは絶対に見ておいて損はしません。






チャンネル登録+最新動画はここから

鴨川シーワールドのシャチ・イルカ・ベルーガパフォーマンス


雄大な太平洋を眺め、海の世界と海洋生物の出会いをコンセプトにした、千葉県外房にあるワンダーランド鴨川シーワールドでは自然環境を再現し、約700種11.000点を越える川や海の生き物の水生生物を飼育展示しています。

海の王者シャチをはじめ、ベルーガパフォーマンス、イルカパフォーマンス、アシカパフォーマンス等、生命の大切さとふれあいのすばらしさを感じ、楽しく学ぶことのできる日本を代表する水族館です。
館内では、水の一生をテーマにしたエコ・アクアローム。
かわいい声でよく鳴くことから「海のカナリア」という愛称がつけられていて、北極海に棲息するまっ白い体のベルーガが見られるマリンシアター。
バンドウイルカとカマイルカの見事なコンビネーションのイルカパフォーマンスのサーフスタジアム。
鴨シーといえばシャチ、シャチといえば鴨シーといわれるほどもの凄い爆裂シャチパフォーマンスのオーシャンスタジアム。
笑うアシカのいるアシカパフォーマンスのロッキースタジアムなど注目エリアがてんこ盛り!

その中でも代表種のシャチは世界で8カ国13の水族館で60頭ほどが飼育されています。日本ではここ鴨川シーワールド(ラビー♀ ララ♀ ラン♀ ルーナ♀)と名古屋港水族館(ステラ♀ リン♀ アース♂)の計7頭が飼育・調教されています。
世界中の海に生息しオスの最大個体は体長10m近くになります。小さな魚類やイカ類からアザラシ、トド、イルカなどの哺乳類や地球上で最大のシロナガスクジラまで幅広く捕食し、海洋食物連鎖の頂点に君臨し「海の王者」と呼ばれています。海の王者=地球上でも最強敵なしといっても過言ではありません。(人間は武器を使わなければランクはかなり下)

4頭のシャチの簡単な見分け方は、ラビーが一番大きく、次いでララ、ラン、ルーナの順です。マニア向けの見分け方としては、ラビーはアイパッチの端がぼやけていて右側に黒い点があります。ララはアイパッチの境目がくっきり。ランはアイパッチの目に近い所が尖っていてじっくり見るとわかります。


<゜)))彡.。o○ シャチパフォーマンス 【オーシャンスタジアム】

海の絶対王者シャチの爆裂スーパーアトラクション。好奇心が旺盛で性格が優しいシャチたちが、トレーナーさんとふれあい、大迫力のジャンプなどのダイナミックなパフォーマンスを見せてくれるスーパーアトラクションです。


<゜)))彡.。o○ イルカパフォーマンス 【サーフスタジアム】

想像をはるかに超越したイルカたちの知性と身体能力。リズムに乗って次々と繰り広げられる驚愕のハイジャンプやスピンジャンプには、驚きと感動があります。


<゜)))彡.。o○ ベルーガパフォーマンス 【マリンシアター】

北極海の周辺に棲息するまっ白い体のベルーガ。その高度な知能には驚かされます。人間にはない特有の能力を発揮して、数々のパフォーマンスを披露しています。


<゜)))彡.。o○ アシカパフォーマンス 【ロッキースタジアム】

芸達者なところは館内ではトップ、愛嬌たっぷりの笑うアシカ。コミカルな動作と知能の高さを生かして大人気のショート・コントは必見です。
 
 
<゜)))彡.。o○ 【エコアクアローム】

水の一生をテーマにしたエリアで、川の源流から海までの環境を自然のままに再現し、生き物たちの生態をリアルに再現しています。


<゜)))彡.。o○ 【トロピカルアイランド】

熱帯のサンゴ環礁を6つのエリアで再現していて、南の海の水中散歩のような感覚を味わえます。


<゜)))彡.。o○ 【ロッキーワールド】

太平洋の自然環境を5つの海別にリアルに再現した、それぞれの生き物たちの生息域がある自然環境を観察できます。


<゜)))彡.。o○ 【ポーラーアドベンチャー】

北極圏や南極圏の海が再現されていて、アザラシ、ペンギンたちの様子が、すぐ目の前で見られます。


<゜)))彡.。o○ 【ウミガメの浜】

目の前に広がる雄大な太平洋と同化して見えるプールと、ウミガメが産卵することのできる人工ビーチがあるオープンスペースです。



● アクセス

★東京湾フェリーの場合 
40分の船旅、海に渋滞はありません。
久里浜港より約1時間30分 乗船するまでの待ち時間は考慮していません。
久里浜港 → 東京湾フェリー → 県道34号線 → 鴨川シーワールド

★鴨川シーワールド オーシャンビューチケット
フェリー車両運賃と鴨川シーワールドの入園券が一つになったお得なセット券
片道券 正規料金10,310円 ⇒ セット料金  7,300円(3,010円お得!)  
往復券 正規料金14,020円 ⇒ セット料金 10,400円 (3,620円お得!)

★アクアラインの場合
海ほたるPAから約1時間10分 渋滞は考慮していません。
東京湾アクアライン → 君津I.C → 房総スカイライン鴨川有料道路経由 → 鴨川シーワールド

★千葉市内からの場合
約1時間20分 渋滞は考慮していません。
館山道松ヶ丘IC → 君津IC→房総スカイライン鴨川有料道路経由 → 鴨川シーワールド

★アクアライン高速バスアクシー号の場合
東京駅より約2時間 渋滞は考慮していません。
東京駅八重洲口 → 鴨川シーワールド



● 鴨川シーワールド通常料金

大人料金 (高校生以上)¥2.800-
小人料金 (4歳~中学生)¥1.400-
シニア料金 (65歳以上)¥2.200-

★ドルフィンドリームクラブ
個人会員 大人料金¥11.000-(継続更新者 ¥9.000-)
     50歳以上料金¥9.000-(継続更新者 ¥7.000-)
     小人料金¥4.000-(継続更新者 ¥3.000-)
ファミリー会員料金 (おひとり様料金)
     大人料金¥10.000-(継続更新者 ¥8.500-)
     50歳以上料金¥8.000-(継続更新者 ¥6.500-)
     小人料金¥4.000-(継続更新者 ¥3.000-)

★ONE YEAR PASS
個人会員 大人(高校生以上)¥7.500-(継続更新者 ¥6.500-)
     50歳以上料金¥6.500-(継続更新者 ¥5.500-)

★団体
8名~29名 大人料金(高校生を含む)¥2.600- 30名~¥2.200-
8名~29名 小人料金(4歳~中学生) ¥1.300- 30名~¥1.100-
10名~   65歳以上料金¥1.600-
8名~29名 学生料金¥2.100- 30名~¥1.900-

★学校団体
幼稚園児料金¥550- 小学生料金¥650- 中学生料金¥850- 高校生料金¥1.050-

★福祉関係
大人料金¥1.600- 小人料金¥800- 介助者¥2.200-



● 各割引券やクーポン券を使ってお得に入場

★高校生、大学生、専門学校生の方は窓口で学生証を提示すると
大人料金¥2.800-が¥2.300-に

★バースディー割引
誕生日が入園日の3日前~誕生日の3日後までが対象
大人料金¥2.800-が¥2.450-に
小人料金¥1.400-が¥1.230-に

★ETCカード提示
大人料金¥2.800-が¥2.650-に
小人料金¥1.400-が¥1.330-に

★JAF会員証提示
大人料金¥2.800-が¥2.450-に
小人料金¥2.800-が¥1.230-に

★イオンカード提示
大人料金¥2.800-が¥2.650-に
小人料金¥1.400-が¥1.330-に

★チケットサイトで前売り券を購入
大人料金¥2.800-が¥2.550-に
小人料金¥1.400-が¥1.280-に

★トクトククーポン
大人料金¥2.800-が¥2.400-に
小人料金¥1.400-が¥1.230-に

★HISクーポン
大人料金¥2.800-が¥2.600-に
小人料金¥1.400-が¥1.300-に

★2DAYチケット
大人通常2日間入園¥5.600-が ¥3.800-に
小人 通常2日間入園¥2.800-が¥1.900-に
シニア65歳以上通常2日間入園¥4.400-が¥3.100-に

★その他、千葉県内市町村民感謝月間や近県の割引がその都度、月別であります。


● 駐車場

メインゲート側、ホテル側、国道を挟んで反対側に数か所あります。
1日駐車料金 普通車¥1.000- 大型車¥1.500- 二輪車¥200-


● 館内レストラン

★レストランオーシャン
シャチパフォーマンスショーが行われるオーシャンスタジアム階下にあり
水槽越しに遊泳するシャチを見ながら食事ができます。館内のスペシャルイベント等で
宿泊した時もこちらでのバイキングになります。

★フードコート マウリ
カレーやパスタなどのファーストフード、館内の他、外のオープンエリアで食事ができます。
お昼時はかなり混雑します。

★バイキングレストラン サンクルーズ
ここは未体験ゾーンなので分かりません。

★その他、ラーメンや焼きそば、クレープ、ソフトクリーム等の屋台的なものもあります。


● 鴨川シーワールドからアクセスが近い宿泊施設を歩いた目線で

★鴨川シーワールドホテル
鴨川シーワールドオフィシャルホテル。鴨シーに隣接しているのでとても便利。
食事はバイキングで大浴場は温泉。料金もリーズナブル。

★かんぽの宿鴨川 
ここには、年に10泊程度します。部屋プランから料理コース等、色々多彩に選べます。国道を挟んで鴨川シーワールド右側の真向かいに位置しています。
ここから歩いて入場する場合、サブゲートまでは1分で行きます。但し、サブゲートは常時退場する事は出来ますが、閑散期や入場者が少ない場合は開きませんので、入場する事ができません。ご注意下さい。
シャチパフォーマンスショーが行われるオーシャンスタジアムは目の前ですが、サブゲートが開いていないと、ぐる~と迂回しなくてはなりません。
すなわち、メインゲートまで歩いて行き、その同じ距離を戻ってくる事になります。
徒歩トータル20分弱位かかると思っていて下さい。

★鴨川グランドホテル
目の前は雄大な太平洋とロケーション抜群。温泉大浴場・海洋深層水風呂等、
海を眺める湯船で温泉三昧、貸切露天風呂もあります。
ですが、ここもサブゲート側にありますので、かんぽの宿同様、メインゲートまではかなり歩きます。

★鴨川グランドタワー
こちらは、鴨川グランドホテル系列のコンドミニアムで、料金もリーズナブル。
ここも年に1度は宿泊します。高層ビルのため眺めは抜群です。
食事は館内の食事処かルームサービス、若しくは自炊になります。

★鴨川館
数寄屋造りの宿。自家源泉の潮騒の湯の多様なお風呂を楽しめます。
南房総の旬の海の幸・山の幸の豪華な食事。料金はお高めです。
鴨川シーワールドメインゲートまで徒歩3分。



<゜)))彡.。o○ 千葉県のワンダーランド 鴨川シーワールド <゜)))彡.。o○






チャンネル登録+最新動画はここから

鴨川シーワールドでは4頭のシャチが皆さんを出迎えてくれます


一見大人しそうに見えるシャチ、英名はキラーホエール(Killer Whale)海の殺し屋と呼ばれ、世界最大の動物であるシロナガスクジラまで襲うなど、海では事実上敵なしである。

攻撃力だけしかなく攻められれば弱いサメとは違い、攻守共に非常に高い能力も兼ね備えていて、知能や索的能力も含めて全般的にポテンシャルが高く、まさしく地球上最強といっても過言ではない。

獰猛なホオジロサメでさえVSシャチとでは、歯がたたないのである。又、知能は大変高く集団で狩りをすることもある。鯨類は全般的に視力が良くないが、シャチは鋭い視力を持ち、 泳ぎも速く最高速度は80kmにも達する。

一般的にシャチは冷水域を好みますが、世界中の海域に生息し、クジラ目としては珍しく地中海やアラビア海にも生息します。捕食対象なる魚類や動物が多いことなどから、特に極地付近の沿岸に多く住み、地球上で最も広く分布する哺乳類の一種です。1日に100kmも移動することも報告されていて、日本では北海道の根室海峡から北方四島に多く、その他、和歌山県太地町にて度々目撃されていて、稀に東京湾での目撃例もあります。

多くの群れは、母親を中心とした血縁のある家族で構成され、オスは通常一生を同じ群れで過ごし、メスも自身の群れを新しく形成するものの、生まれた群れから離れることは少なく家族の繋がりが強く、それぞれの群れは、その家族独自のコールを持ち、それによりコミュニケーションをとります。
コールは親から子へ、受け継がれていくといわれて、シャチの繁殖は胎生で、水中で仔を生み育てます。睡眠も特殊な半球睡眠という方法で寝ます。これは半分の脳が眠る事ができるイルカと同様の睡眠方法です。

又、ある特定のエリアでは、多数の家族が100頭以上の群れを形成する「スーパーポッド」という行動もとり、生まれたばかりの子供に対する、気配りとも取れる行動は多く観察されています。母親が捕食に専念している間、他のメスが子供の面倒を見るベビーシッター的な行動や、
自身のとった獲物を若い個体に譲ったり、狩りの練習をさせるため、わざと獲物を放ったりすることも知られています。 一般に生まれたばかりの若い個体のいる群れは、移動速度が遅く潜水時間も短く、イルカなどと共通したた習性を持っています。

現在、鴨川シーワールドでは4頭のシャチが日々精進し、皆さんのお越しを今か今かと待っています。この4頭のシャチは全員女子の家族。ラビー、ララ、ランの3姉妹とラビーの娘のルーナの4頭すべてがワンダーウーマンで、簡単な見分けは個体差ならパっと見、大きいい順にラビー、次いでララ、この2トップが大きいので比較的わかります。次にラン、一番小さい子がルーナです。ラビーとララは体系は殆ど同じなので、泳いでいるとわかりずらいかも。よーく観察するとアイパッチとか白黒の模様とか、ホクロの位置だとかの違いでわかります。


<゜)))彡 鴨川シーワールドの4頭のシャチは全員女子の家族

ラビー♀ 1998年1月11日生まれの長女+ルーナの母親(父ビンゴ 母ステラ)
ララ♀  2001年2月8日生まれの次女(父ビンゴ 母ステラ)
ラン♀  2006年2月25日生まれの三女(父ビンゴ 母ステラ)
ルーナ♀ 2012年7月19日生まれの母親はラビー(父オスカー 母ラビー)





チャンネル登録+最新動画



日本でシャチが見られるのは、鴨川シーワールドと名古屋港水族館だけです。この他、南知多ビーチランドのイワシとスナメリの幻想的な水中ショー、下田海中水族館はイルカと泳げる、ぎょぎょランドは豊川の生息の魚の展示、マクセルアクアパーク品川は輝きに包まれる星空の海へ、なかがわ水遊園のドリームジャングルナイト、水族博物館うみがたりのART OF DOLPHIN、万博公園のニフレル、横浜八景島シーパラダイスのジンベイザメ、サンシャイン水族館のケープペンギン、世界最大級の海遊館、かつうら海中公園の海中展望、ラブカ研究の東海大学海洋博物館、ワンコ入場OKの伊豆三津シーパラダイス、碧南海浜水族館の謎だらけのコウモリ展、黒潮の海の和歌山県立自然博物館、鳥羽水族館は伊勢志摩の海、瀬戸内海の海洋博物の渋川マリン水族館、東京スカイツリーにあるすみだ水族館、しながわ水族館のイルカショー、お一人様ナイトの仙台うみの杜水族館、新屋島水族館のマナティー、京急油壷マリンパークのコツメカワウソ、35周年の青森県営浅虫水族館、世界で最も美しい九十九島水族館海きらら、パンダのいるアドベンチャーワールド、ファンタジックな出会いの志摩マリンランド、貸し切りも出来る神戸市立須磨海浜水族館、クラゲファンタジーの新江ノ島水族館、串本海中公園のステラマリス、アニマルオールスターズのマリンワールド海の中道、登別マリンパーク二クスのイワシパフォーマンス、動物達と仲良くなる大分マリーンパレス水族館うみたまご、進化し続ける城崎マリンワールド、マグロが回遊する東京都葛西臨海水族館、蒲郡市竹島水族館の愉快なアシカショー、冷凍シーラカンスのある沼津港深海水族館シーラカンスミュージアム、イルカと触れ合えるわくわく海中水族館シードーナッツ、なまはげシャトルの男鹿水族館GAO、サメの飼育数全国ナンバーワンのアクアワールド茨城県大洗水族館、淡水魚の虹の森公園おさかな館、劇場型イルカパフォーマンスショーの京都水族館、荒川の魚がいるさいたま水族館、人と地球の未来を考える環境水族館アクアマリンふくしま、東南アジアのグリーンドームねったいかん、カエル展示日本一のあわしまマリンパーク、バイカルアザラシの箱根園水族館、ペンギンお散歩の越前松島水族館、四国最大の足摺海洋館、トドのショーの市立室蘭水族館、福島の湖沼アクアマリンいなわしろカワセミ水族館、伊勢夫婦岩ふれあい水族館シーパラダイスのめおとカワウソ、新潟市水族館マリンピア日本海のラッコ、横浜中華街にあるヨコハマおもしろ水族館、淡水魚専門の山梨県立富士湧水の里水族館、中海の島根県立宍道湖自然館ゴビウス、フンボルトペンギンの長崎ペンギン水族館、アカメのいる桂浜水族館、海響館のフグ、コバンザメの寺泊水族博物館、金魚の大水槽がある足立区生物園、しまね海洋館アクセスのシロイルカ、電気ウナギのサンピアザ水族館、エビとカニの水族館のカブトガニ、日和佐うみがめ博物館カレッタの海亀、四万十川水系の魚の四万十川学遊館あきついお、すみえファミリー水族館のカエルアンコウ、サケのふるさと千歳水族館のサケタッチ、のとじま水族館のジンベエザメ、宮島水族館のドクターフィッシュ、おたる水族館のトドの豪快ダイブ、ジャイアントマンタの沖縄美ら海水族館、富山湾の深海魚の魚津水族館、ノシャップ寒流水族館のアザラシショー、霞ヶ浦水系のかすみがうら市水族館、琵琶湖の魚展示の滋賀県立琵琶湖博物館、金魚のふるさと郡山金魚資料館、井の頭自然文化園水生物館のヤマメ、姫路市立水族館のマダコ、大型回遊魚の京都大学白浜水族館、諫早ゆうゆうランド干拓の里むつごろう水族館のムツゴロウ、大地町立くじらの博物館のクジラショー、山方淡水魚館のオオサンショウウオ、かごしま水族館のピラルクー、高千穂峡淡水魚水族館のドンコ、世界一のクラゲ水槽の鶴岡市立加茂水族館、なぎさ水族館のタッチングプール、道の駅やよい番匠おさかな館のスマトラ、北の大地の水族館のイトウ、オオチョウザメがいる美深町チョウザメ館等の水族館施設では、シャチの飼育展示は行っていません。



日本では7頭のシャチが千葉県鴨川と名古屋で飼育されています



現在、日本では7頭のシャチが飼育されています。
 

<゜)))彡.。o○ 鴨川シーワールドのシャチ
ラビー♀ 1998年1月11日生まれ(父ビンゴ 母ステラ)
ララ♀  2001年2月8日生まれ(父ビンゴ 母ステラ)
ラン♀  2006年2月25日生まれ(父ビンゴ 母ステラ)
ルーナ♀ 2012年7月19日生まれ(父オスカー 母ラビー)


<゜)))彡.。o○ 名古屋港水族館のシャチ
ステラ♀ 1985年 アイスランドで採捕
リン♀  2012年11月13日生まれ(父ビンゴ 母ステラ)
アース♂ 2008年10月13日生まれ(父オスカー 母ラビー)


狩りは超一級、コミュニケーションにも長けており、自ら発した音の種類を使い分けることができる。

獰猛で貪欲な海のギャングというイメージが固定しているが、これは単に生きる為の捕食であり、シャチは心の優しい哺乳類で、捕食する以外の目的で生き物を殺すことはしない。

学名(Orcinus orca)はラテン語で冥界からの魔物を意味し(Orca)はクジラの一種。
英名(Killer whale)は殺し屋を意味しますが、学問的分類ではイルカの仲間。


特徴的な高くそびえ立つ背ビレは雄で約1.8M、雌で約0.9Mになり、成体の雄の背ビレは三角形で前方に傾斜していることがあります。大きな卵形の胸ビレは成体の雄の場合、2Mにもなります。体色は下顎、尾ビレの下面、下顎の先端から尿生殖溝に至る腹側面は白く、白い斑紋が背ビレの後方部の体側部分へ伸び上がり、目の上後方にも白く丸い斑紋(アイパッチ)があります。背ビレの後ろの鞍型斑と呼ばれる白っぽい灰色の部分以外は黒で、個体群により細い黒色のケイプを含む背中の黒い部分の下方に濃い灰色の部分があります。歯は湾曲で大きく、各歯列に12本あります。

大体の個体が冷水域を好むが、熱帯域で見られることもある。食性はアザラシ、トド、クジラ、オタリア、ペンギン、イルカ、ラッコ、魚類、タコ、海鳥等。集団により違いがあり魚を捕食する個体や、主にほ乳類を捕食するなどの違いがある。群れで行動し自分たちより大きなクジラを襲うこともある。

シャチは獰猛でもあるが、人間には懐きやすく訓練すれば適応も高い。

シャチは嗅覚がない代わりに聴力と視力がとても良く特に聴力に関してはこの秀でた聴力を使って、エコロケーション(反響定位)という方法で周囲の状況を確かめる事ができます。
エコロケーションは自分の発声した音がぶつかって戻ってきたところを耳でとらえ方向や物の位置や状態を知る方法です。このエコロケーションによって、数100キロ離れた仲間ともコミュニケーションが出来ると言われています。高度なコミュニケーション方法を持っているシャチは海洋生物の中でもトップを争うほどの知能を持っています。

定住型のシャチは数十頭の巨大なグループで沿岸部に定住し、主に魚やイカを食べる。
回遊型のシャチは2~6匹の集団で沿岸部と沖合で行動し、主にクジラなどのほ乳類を食べる。
沖合型のシャチは最大200頭ものグループで沿岸部から離れた場所に住み、魚の群れが主食。
これら3タイプのシャチは、1万年以上前からタイプ間での交配が全く行われていない事が確認されている。
体色や模様別では5タイプに分類されています。

シャチはほ乳類の中で最も生息域が広く、冷たい海域に生息数が多いものの分布域は世界中のほぼ全ての海に生息が確認されている。日本近海にも少数が生息していて、北海道の根室海峡や知床半島、北方領土から和歌山県の沿岸部でしばしば目撃されることがあり、東京湾で目撃された例もあります。

シャチは哺乳類なので人間と同じで肺呼吸をしていて、定期的に水面に出て呼吸をする必要があります。呼吸ができない海中で、人間のように何時間もまとまった睡眠を取る事ができません。
そこで、シャチは特殊な半球睡眠という方法で寝るとされています。半球睡眠とは左右の大脳半球を交互に眠らせる事で、起きているもう片方の半球で活動を続けながら睡眠を取るというものです。右半球が眠っている時は左半球が目覚め、左半球が眠っているときは右半球が目覚めるというように、脳が半分ずつ交互に眠っているという特殊な機能です。シャチだけでなくイルカやオットセイなどの海獣や長距離を移動する渡り鳥等がこの方法で睡眠をとるといわれています。陸上生物よりも長く息を止めていられシャチですが、定期的に水面に出て息継ぎをする必要があります。この時に使うのは頭についている鼻=呼吸孔です。イルカやクジラ同様「プシューーー!」と吹き出すアレです。





チャンネル登録+最新動画



日本でシャチが見られるのは、鴨川シーワールドと名古屋港水族館だけです。この他、南知多ビーチランドのイワシとスナメリの幻想的な水中ショー、下田海中水族館はイルカと泳げる、ぎょぎょランドは豊川の生息の魚の展示、マクセルアクアパーク品川は輝きに包まれる星空の海へ、なかがわ水遊園のドリームジャングルナイト、水族博物館うみがたりのART OF DOLPHIN、万博公園のニフレル、横浜八景島シーパラダイスのジンベイザメ、サンシャイン水族館のケープペンギン、世界最大級の海遊館、かつうら海中公園の海中展望、ラブカ研究の東海大学海洋博物館、ワンコ入場OKの伊豆三津シーパラダイス、碧南海浜水族館の謎だらけのコウモリ展、黒潮の海の和歌山県立自然博物館、鳥羽水族館は伊勢志摩の海、瀬戸内海の海洋博物の渋川マリン水族館、東京スカイツリーにあるすみだ水族館、しながわ水族館のイルカショー、お一人様ナイトの仙台うみの杜水族館、新屋島水族館のマナティー、京急油壷マリンパークのコツメカワウソ、35周年の青森県営浅虫水族館、世界で最も美しい九十九島水族館海きらら、パンダのいるアドベンチャーワールド、ファンタジックな出会いの志摩マリンランド、貸し切りも出来る神戸市立須磨海浜水族館、クラゲファンタジーの新江ノ島水族館、串本海中公園のステラマリス、アニマルオールスターズのマリンワールド海の中道、登別マリンパーク二クスのイワシパフォーマンス、動物達と仲良くなる大分マリーンパレス水族館うみたまご、進化し続ける城崎マリンワールド、マグロが回遊する東京都葛西臨海水族館、蒲郡市竹島水族館の愉快なアシカショー、冷凍シーラカンスのある沼津港深海水族館シーラカンスミュージアム、イルカと触れ合えるわくわく海中水族館シードーナッツ、なまはげシャトルの男鹿水族館GAO、サメの飼育数全国ナンバーワンのアクアワールド茨城県大洗水族館、淡水魚の虹の森公園おさかな館、劇場型イルカパフォーマンスショーの京都水族館、荒川の魚がいるさいたま水族館、人と地球の未来を考える環境水族館アクアマリンふくしま、東南アジアのグリーンドームねったいかん、カエル展示日本一のあわしまマリンパーク、バイカルアザラシの箱根園水族館、ペンギンお散歩の越前松島水族館、四国最大の足摺海洋館、トドのショーの市立室蘭水族館、福島の湖沼アクアマリンいなわしろカワセミ水族館、伊勢夫婦岩ふれあい水族館シーパラダイスのめおとカワウソ、新潟市水族館マリンピア日本海のラッコ、横浜中華街にあるヨコハマおもしろ水族館、淡水魚専門の山梨県立富士湧水の里水族館、中海の島根県立宍道湖自然館ゴビウス、フンボルトペンギンの長崎ペンギン水族館、アカメのいる桂浜水族館、海響館のフグ、コバンザメの寺泊水族博物館、金魚の大水槽がある足立区生物園、しまね海洋館アクセスのシロイルカ、電気ウナギのサンピアザ水族館、エビとカニの水族館のカブトガニ、日和佐うみがめ博物館カレッタの海亀、四万十川水系の魚の四万十川学遊館あきついお、すみえファミリー水族館のカエルアンコウ、サケのふるさと千歳水族館のサケタッチ、のとじま水族館のジンベエザメ、宮島水族館のドクターフィッシュ、おたる水族館のトドの豪快ダイブ、ジャイアントマンタの沖縄美ら海水族館、富山湾の深海魚の魚津水族館、ノシャップ寒流水族館のアザラシショー、霞ヶ浦水系のかすみがうら市水族館、琵琶湖の魚展示の滋賀県立琵琶湖博物館、金魚のふるさと郡山金魚資料館、井の頭自然文化園水生物館のヤマメ、姫路市立水族館のマダコ、大型回遊魚の京都大学白浜水族館、諫早ゆうゆうランド干拓の里むつごろう水族館のムツゴロウ、大地町立くじらの博物館のクジラショー、山方淡水魚館のオオサンショウウオ、かごしま水族館のピラルクー、高千穂峡淡水魚水族館のドンコ、世界一のクラゲ水槽の鶴岡市立加茂水族館、なぎさ水族館のタッチングプール、道の駅やよい番匠おさかな館のスマトラ、北の大地の水族館のイトウ、オオチョウザメがいる美深町チョウザメ館等の水族館施設では、シャチの飼育展示は行っていません。