鴨川シーワールドのシャチのおしおきが半端ねー


2021年5月16日11時30分~
右側最前列デンジャラスゾーンから超ローアングルのゴープロ高画質4K動画

BGM DOVA-SYNDROME
Heiliger Krieg written by ilodolly

この動画の撮影機材
GOPRO HERO5 session
Manfrotto MTPIXI-B [PIXI ミニ三脚


高度な知能も持ち大型のクジラを群れで狩猟するなど社会性もあります。獰猛とされるシャチですが、捕食する以外の目的で生き物を殺すことはしない。アザラシを捕食する際も子供に狩りを教えるために必要以上にもてあそぶ時があり、身体能力も高く泳ぐ速度は時速80KMにも達します。

南極・北極付近の沿岸等、世界中の海域に生息し、体色は背中が黒く頬と腹のあたりに白い模様があり腹部は白く、背鰭は雄では真っ直ぐ約2Mにも達し雌は鎌形で1M程の長さがあります。

食性は魚類は勿論、軟体動物、海獣、ウミガメ、イルカ、クジラなどを捕食する動物雑食性です。 繁殖は胎生で水中で仔を生み育てます。 寿命は50~90年と長く人間と同様、雌の方が長生きします。

特技は高くジャンプするブリーチング、海面に頭を出し周囲を偵察するスパイホッピング、

環境適応能力と知能が高く、飼育すれば人間にも懐きやすく、母系社会で母親を中心に数頭の群れ(ポッド)を作る。

学名(Orcinus orca)はラテン語で冥界からの魔物。
シャチの特徴は、上側は黒く腹面は白色で、両目の上方に白い模様(アイパッチ)があります。背びれの根元には模様があり、水中ではカムフラージュ効果があるとされ、各個体の模様はそれぞれ異なるため、背びれの形状とともに個体識別に役立ちます。頭部は円錐形で特にオスの背びれは大きく2Mにも達し、肉食動物で、獲物を飲み込みやすい大きさに引き裂くために鋭利な歯を持ち合わせます。

一般的に自然界のシャチは冷水域を好みますが、世界中の海域に生息し、クジラ目としては珍しく地中海やアラビア海にも生息すします。捕食対象なる魚類や動物が多いことなどから、特に極地付近の沿岸に多く住み、地球上で最も広く分布する哺乳類の一種です。1日に100kmも移動することも報告されていて、日本では北海道の根室海峡から北方四島に多く、その他、和歌山県太地町にて度々目撃されていて、稀に東京湾での目撃例もあります。

鴨川シーワールドでは4頭のシャチが日々精進し、皆さんのお越しを今か今かと待っています。この4頭のシャチは全員女子の家族。ラビー、ララ、ランの3姉妹とラビーの娘のルーナの4頭すべてがワンダーウーマンで、簡単な見分けは個体差ならパっと見、大きいい順にララ、次にラビー、この2トップが大きいので比較的わかります。次にラン、一番小さい子がルーナです。ラビーとララは体系は殆ど同じなので、泳いでいるとわかりずらいかも。よーく観察するとアイパッチとか白黒の模様とか、ホクロの位置だとかの違いでわかります。


<゜)))彡.。o○ 鴨川シーワールドのシャチは大和撫子の全員家族<゜)))彡.。o○ 

ラビー♀ 1998年1月11日生まれの長女+ルーナの母親(父ビンゴ 母ステラ)
ララ♀  2001年2月8日生まれの次女(父ビンゴ 母ステラ)
ラン♀  2006年2月25日生まれの三女(父ビンゴ 母ステラ)
ルーナ♀ 2012年7月19日生まれの母親はラビー(父オスカー 母ラビー)

ラン 5.0M 1.9t 1日の摂取量80kg
ララ 5.3M 2.2t 1日の摂取量80kg 
ラビー 5.2M 2.2t 1日の摂取量80kg
ルーナ 4.2M 1.2t 1日の摂取量60kg